【ワイモバイル】解約時の違約金を払わないで済む方法はある?料金プランの種類も

雑記帳

お得なキャンペーン実施中のワイモバイルオンラインストアはこちらから!

 

こんにちは!柴桜くろです。

スマホを持ってなくても携帯電話を持ってない人はかなり稀になりましたよね。

毎日使うものだから、少しでも料金を安くしたい。

そう思って格安SIMを利用すると思いますが、乗り替えたくなった時に気になるのは解約時の違約金。

昔の話ですが料金プランに2年縛りとかの条件があって、それに違反するとえらいお金取られた記憶が蘇ります。

今ってどーなってるんだろ?

というわけで今日は格安SIM【ワイモバイル】の解約時の違約金について…

  • ワイモバイル】解約時の違約金を払わないで済む方法は?
  • それぞれの料金プランの詳細は?

について各公式サイトなどから情報をまとめてみました。

結論、古いプランに加入している場合は今すぐ新プランに変更一択です。

料金プランは

  • スマホベーシックプラン
  • ケータイベーシックプランSS
  • Pocket WiFiプラン2(ベーシック)
  • データベーシックプラン

2019年10月1日から適用されているこのプランには全部契約解除料金はありません。

ワイモバイルオンラインストアこちらから!

各章で【ワイモバイル】の解約時の違約金を払わないで済む方法やキャンペーンについて詳しくまとめていますので、ぜひ最後までご覧くださいね!

【ワイモバイル】解約時の違約金を払わないで済む方法は?

格安SIMでおなじみのワイモバイル、他に乗り替えたくなった時にネックになるのは解約時の違約金ですよね。

解約時の違約金の詳細や、払わなくて済む方法を公式サイトなどからまとめました。

【ワイモバイル】解約時の違約金が発生する料金プランは…4つ!

まず、解約時の違約金が発生する料金プランがどれなのか公式サイトで調べてみると…

違約金が発生する料金プラン金額(税抜)
スマホスマホプラン9,500円
データプラン
4G-Sプラン
ケータイケータイプランSS9,500円
Pocket WiFi・データ通信

さんねん9,500円
にねん9,500円
バリューセット・バリューセットライト契約期間に応じ解除料金が変わる
データプラン9,500円

こんな感じです。結構かかりますよね。

ワイモバイル公式サイトはこちら!

結構前に受付が終わっちゃってるプランを除くと、解約時の違約金の対象になるのはこのうち2019年9月30日受付終了した5つのプランになると思います。

  • スマホプラン
  • 4G-Sプラン
  • ケータイプランSS
  • Pocket WiFiプラン2
  • データプラン

それ以前にワイモバイルの古いプランを利用している場合も解約時の違約金の対象になります。

ちなみに、ワイモバイルの現在のプランを見てみると…

  • スマホベーシックプラン
  • ケータイベーシックプランSS
  • Pocket WiFiプラン2(ベーシック)
  • データベーシックプラン

2019年10月1日から適用されているこのプラン、全部契約解除料金はありません。

解約時の違約金を払わないで済む方法は…3つ!

では以前のプランを契約していた場合、どうしても解約時の違約金を払わないといけないのかというと…違約金を払わないで済む方法がありました!

ざっくりまとめると

  • ワイモバイルを2年以上利用し、スマホベーシックプランまたはケータイベーシックプランに料金プランを変更する
  • 機種変更と一緒にスマホベーシックプランまたはケータイベーシックプランに料金プランを変更する
  • Pocket WiFiプラン2(ベーシック)に契約を変更する

このうちのどれかの基準を満たせば解約時の違約金は0円になります。

もしも古いプランのままでワイモバイルを利用しているなら、プラン変更はしておいた方が良いですね。

料金プランの種類は?

違約金を払わないで済む方法は…ぶっちゃけプラン変更しかありません。

プラン変更するにしても、内容がわからないのは怖いので、もう少し4つの料金プランについて公式サイトから深く調べてみることにしましょう。

ワイモバイル公式サイトはこちら!

スマホベーシックプラン

スマホベーシックプランはS/M/Rの3種類のプランが展開されています。

ここで知っておきたいところは

  • 料金が6か月間値引きされる
  • データ増量キャンペーンがついている
  • 国内無料通話10分つき
  • 別途事務手数料、ユニバーサルサービス料がかかる

ということ。

それぞれ解説していくと

新規、MNP、契約変更で6か月間は利用料金が最大700円OFFになるという特典の付いたプランですが契約月の翌月から割引になるので、契約月は値引きなしってところは要注意ですね。

月々のデータが増量されているのは、新規、のりかえ、PHSからの契約変更の場合のみ1年間データ増量500円/月が無料になるんです!

もちろん1年過ぎたら課金されますので、必要なければ1年過ぎる前にオプションは外しておいてもいいですね。

国内で電話する場合には10分間の無料通話もついてきますが、10分を超える電話の場合は料金が発生します。事務連絡だったら特に問題ないレベルですね。

事務手数料の詳細を公式サイトで調べると…

それぞれ3,000円かかってきます。この事務手数料を減らすのであればオンラインストアで契約するのがおすすめですよ。

ケータイベーシックプラン

こちらは通話のみかパケット定額かを選べるケータイプランです。

パケット定額については別途300円/月のベーシックパックに加入している必要があります。基本使用料だけではインターネットは見られないってことですね。

パケット定額は使わなければ0円、使った分だけ1パケット0.001円の課金がされていきます。もちろん上限があり2.5GBを超えると低速になります。

Pocket WiFiプラン2(ベーシック)

Pocket WiFiプラン2(ベーシック)の基本プランは7GBまでは高速通信ができる月額3,696円のプラン。

7GBまでは使い放題のプランですが、無制限で使用したい場合はオプション加入684円/月が必要になります。

注意点としては3日間で10GB使っていた場合、当日18時から翌日1時まで低速化とは別に速度制御がかかります。

データベーシックプラン

データベーシックプランはタブレットを使う場合に加入するプランです。

それぞれの制限を超過した場合は月末までデータ通信の低速化がかかります。これもう仕方ないことなので、たくさん使う場合はプランLに加入していた方がいいかもしれませんね。

注意点としては3日間で10GB使っていた場合、当日18時から翌日1時まで低速化とは別に速度制御がかかります。

まとめ

そろそろ他の格安SIMに乗り換えようかな?と思っているあなた。

解約時の違約金がどうなってるのか気になりませんか?

昔の話ですが料金プランに2年縛りとかの条件があり、それに違反するとえらいお金取られた記憶が蘇ります。

今ってどーなってるんだろ?

というわけで今日は格安SIM【ワイモバイル】の解約時の違約金について…

  • ワイモバイル】解約時の違約金を払わないで済む方法は?
  • それぞれの料金プランの詳細は?

について各公式サイトなどから情報をまとめてみました。

結論、古いプランに加入している場合は今すぐ新プランに変更一択です。

料金プランは

  • スマホベーシックプラン
  • ケータイベーシックプランSS
  • Pocket WiFiプラン2(ベーシック)
  • データベーシックプラン

2019年10月1日から適用されているこのプランには全部契約解除料金はありません。

ワイモバイルオンラインストアこちらから!

これから加入しようか迷っているあなたにも朗報ですよね。

解約時の違約金が気になるあなたのお役に立てれば幸いです。

お得なキャンペーン実施中のワイモバイルオンラインストアはこちらから!

コメント