ラグビーW杯オールブラックスのハカの種類と意味は?カマテでなくカパオパンゴだった理由も調査!

イベント・行事
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!柴桜くろです。

ラグビーワールドカップがいよいよ開幕しましたね。ニュージーランドVS南アフリカでオールブラックスが舞ったハカ、すっごいかっこよかった~!

オールブラックスと言えば試合の前にハカを踊ることで有名ですよね。ニュージーランドの先住民族の戦いの踊りであるハカ。まさに勇壮そのもの。

ところでこのハカ、種類があるって知ってましたか?オールブラックスがラグビーワールドカップで舞ったハカ、カパオパンゴと言って特別仕様なんですって。

今日はオールブラックスの

  • そもそもオールブラックスのハカってどんな種類があるの?
  • ハカの持つ意味って?
  • ラグビーワールドカップで踊ったハカはどうしてカパオパンゴだったの?

についてネットやツイッターをくまなく調べてみました。

結果は

  • 4種類あるうち、現在踊られているのはカマテとカパオパンゴ
  • 神聖な戦いへの祈りと対戦相手への敬意を示すための儀式
  • オールブラックスにとって重要な試合、強敵と認めたチームへ捧げるためカパオパンゴが降臨!

まだまだ続くラグビーワールドカップ、オールブラックスのハカについてまとめました。楽しんでもらえたら光栄です。

他にも丸の内にあるラグビー神社について、お守りの値段一覧などを調査しています!ぜひご覧ください!

『丸の内ラグビー神社』のお守りの値段と種類一覧まとめ!通販で購入できるかも調査
こんにちは!柴桜くろです。 ラグビーワールドカップ2019が開幕するまで残すところあと1ヶ月ほどですね! ラグビーワールドカップを盛り上げるために、丸の内にラグビー神社が出来たってニュースで見ました。期間限定の神社ですが、ちゃん...

オールブラックスのサヴェア選手のゴーグルについてブランドや値段、購入先を調べてまとめました!

【オールブラックス】サヴェア選手のゴーグルはどこのブランド?値段や販売店も調査!
ラグビーワールドカップが面白くなってきてますね! 私個人的に好きなのがオールブラックス!試合前のハカもかっこいいし保険の CMでタックルする姿もかっこよかったですよね。かっこいい以外の形容詞が思いつきません(笑) 10月2日にオ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オールブラックスのハカの種類一覧!踊りの意味をまとめてみた

ニュージーランドマオリ族の伝統的な舞踊であるハカ。種類や意味をまとめてみました。

マオリ族の伝統舞踊ハカの意味は?

ウィキペディアによるとハカは英語で「War Cry」、日本語で「鬨の声(ときのこえ)」と訳されています。まさに戦いに赴く戦士たちの踊り!

マオリ族のハカは

  • 自らの力を誇示する!
  • 相手を威嚇する!

という意味を持っています。ニュージーランドでは一般的な民族舞踊なので、冠婚葬祭で踊られることもあるんですって。ちなみに男性用と女性用の振り付けのハカがあります。


もちろん、オールブラックスのハカは男性の振り付けです。

オールブラックスが国際試合の前にハカを踊る理由は

  • 士気を高める
  • 対戦相手への敬意

ただかっこいいだけだけではなく、神聖な戦いの場である試合の前に祈りが込められていますよね。

オールブラックスのハカを先導するのは、伝統的にマオリの血を引く選手なんだそうです。

現在はTJペレナラが先導を務めています。

ペレナラ選手、小さいころから鍛えているので顔芸も問題ないそうです(笑)

ハカにはカマテとカパオパンゴなど4つの踊りが存在します。次章で解説していきます。

カマテ

カマテは1905年に初めてオールブラックスがハカを踊ったときに披露された曲です。今日まで一番踊られることが多く、超有名ですよね。

カマテの歌詞をウィキペディアから調べると

リーダー Taringa whakarongo!                             耳を澄ませ!

     Kia rite! Kia rite! Kia mau!                    準備!整列!起立!

チーム  Hī!                                                        はい!

リーダー Ringa ringa pakia!                              腿をたたけ!

     Waewae takahia kia kino nei hoki!     力の限り地面を踏み鳴らせ!

チーム  Kia kino nei hoki!                            力の限り!

リーダー Ka mate, ka mate                              私は死ぬ!私は死ぬ!

チーム  Ka ora’ Ka ora’                                私は生きる!私は生きる!

リーダー Ka mate, ka mate                             私は死ぬ!私は死ぬ!

チーム  Ka ora’ Ka ora’            私は生きる!私は生きる!

全員   Tēnei te tangata pūhuruhuru     ここに毛深い男が立ち

     Nāna ne I tiki mai whakawhiti te rā  太陽を呼びよせ、我が身のその光を

     A Upane! Ka Upane!         乗るなら今だ!乗るなら今だ!

       A Upane Kaupane”                                   最初の一歩を踏み出せ!

     Whiti te rā,!                                                 太陽の光を!

       Hī!                                                                立ち上がれ!

カマテ=私は死ぬ!という意味なんですね。それにしてもかっこよすぎる。

カパオパンゴ

ラグビーワールドカップの南ア戦前に躍ったカパオパンゴは、2005年8月27日のトライネイションズの南ア戦前に初披露されたんですよね。コニウティレニというハカの初めの部分を参考に作られましたんですって。

首を切るような挑発的な動作が議論を呼び、オールブラックスは「相手の首を切るのではなく、自らの首をかけて戦う意気込みを現すもの」と説明しました。現在まで首を切るようなジェスチャーは残されていますね。

ちなみに曲名のカパオパンゴ=黒をまとったチームという意味で、オールブラックスのことを指しています。一番最新のハカですね。

カパオパンゴの歌詞をネット上で調べてみるとこんな感じ。

     Taringa whakarongo!        いいか、よく聞け!

     Kia rite! Kia rite! Kia mau!      戦いに備えよ!踏ん張れ!

     Hi!                 はい!

     Ki-a whaka-whenua au i a-hau!   我らは祖国と一つ!

     Hi! Au-e, Hi!

     Ko Aotearoa e ngu-ngu-ru nei!   ニュージーランドはここに響き渡る!

     Au, Au, Au-ë Ha!

     Ko kapa o pango e ngu-ngu-ru nei! オールブラックスはここに響き渡る!

     Au, Au, Au-ë Ha!  

     I ahaha!

     Ka tū te ihi-ihi           恐れと向き合え!

     Ka tū te wana-wana.        恐怖と戦え!

     Ki runga ki te rangi         天まで届く勢いで戦い上がれ!

     E tū iho nei             高みを目指せ!

     E tū iho nei. Hi!           高みを目指せ!

     Ponga rä!               シルバーファーン!

     Kapa o Pango,            オールブラックス!

     Au-e, Hi!

     Ponga rä!                                                シルバーファーン! 

     Kapa o Pango,                                        オールブラックス!

     Au-e, Hi!

 

引用元:http://www.worldfolksong.com/folkdance/kapa-o-pango.html

テナコエカンガルー

ウィキペディアで調べると、1903年8月のオーストラリア戦のために作られたハカなんですって。現在は踊られていません。

歌詞はこんな感じです。

     Tena koe, Kangaroo                       どうだい、カンガルー!

     Tupoto koe, Kangaroo!     気をつけろよ、カンガルー!

     Niu Tireni tenei haere nei    ニュージーランドの襲撃だ

     Au Au Aue a!         お前さんにはたいした災難だぞ!

エッジ効いてますよね。

コニウティレニ

ウィキペディアによると、1924~1925年に行われた『ジ・インヴィンシブルスツアー』のために作られたハカですね。カパオパンゴのもとになったハカです。

ジェイムズ・ジョイスの最後の小説『フィネガンズ・ウェイク』にも、このコニウティレニのことが引用されています。

こちらも現在は踊られていません。

 

ラグビーワールドカップ南ア戦のハカはどうしてカパオパンゴだったの?

南アフリカ戦で、オールブラックスの踊ったハカはなぜカパオパンゴだったのかネットで調べてみました。

過去、オールブラックスがカパオパンゴを踊った試合は

  • 2008年の対オーストラリア戦
  • 2011年のラグビーワールドカップ、対フランス戦
  • 2015年のラグビーワールドカップ、対フランス戦
  • 2019年のラグビーワールドカップ、対南アフリカ戦

これを見るとオールブラックスにとって、そしてニュージーランド国民にとって重要な試合の時にカパオパンゴは降臨するんですね。

オールブラックスが強敵と認めたチームと対戦する時にも、カパオパンゴが降臨するようですね。

まとめ

開幕したラグビーワールドカップ2019で、南アフリカ戦の前にオールブラックスが披露したハカが話題になってますね。

今日はニュージーランドの黒い英雄、オールブラックスの

  • そもそもオールブラックスのハカってどんな種類があるの?
  • ハカの持つ意味って?
  • ラグビーワールドカップで踊ったハカはどうしてカパオパンゴだったの?

についてネットやツイッターをくまなく調べてみました。

結果は

  • 4種類あるうち、現在踊られているのはカマテとカパオパンゴ
  • 神聖な戦いへの祈りと対戦相手への敬意を示すための儀式
  • オールブラックスにとって重要な試合、強敵と認めたチームへ捧げるためカパオパンゴが降臨!

超かっこいいハカ、もっと堪能しましょうね!

最後までお付き合いいただいてありがとうございました。

他にも丸の内にあるラグビー神社について、お守りの値段一覧などを調査しています!ぜひご覧ください!

『丸の内ラグビー神社』のお守りの値段と種類一覧まとめ!通販で購入できるかも調査
こんにちは!柴桜くろです。 ラグビーワールドカップ2019が開幕するまで残すところあと1ヶ月ほどですね! ラグビーワールドカップを盛り上げるために、丸の内にラグビー神社が出来たってニュースで見ました。期間限定の神社ですが、ちゃん...

オールブラックスのサヴェア選手のゴーグルについてブランドや値段、購入先を調べてまとめました!

【オールブラックス】サヴェア選手のゴーグルはどこのブランド?値段や販売店も調査!
ラグビーワールドカップが面白くなってきてますね! 私個人的に好きなのがオールブラックス!試合前のハカもかっこいいし保険の CMでタックルする姿もかっこよかったですよね。かっこいい以外の形容詞が思いつきません(笑) 10月2日にオ...

コメント