置き配サービスOkippaの安全性は?セキュリティや盗難保険も調査!

雑記帳
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!柴桜くろです。

通販でお買い物をして配達が来た時、運悪く受け取れないってことありますよね。

そうなると再配達になっちゃうので、ちょっと手間がかかります。

そんな再配達を解消するアイテムとして開発されたOkippa。使い方としては玄関のドアノブにつるしておくものなんですが…

安全性やセキュリティの面でどうなのか気になりますよね?

今日は置き配サービス『Okippa』の

  • 置き配サービスOkippaの安全性は?
  • セキュリティや盗難保険はどうなってるの?

について公式サイトやSNSから情報をまとめたところ…

安全性については…今のところ大きな盗難被害はないのでよくわからない。

セキュリティ対策は

  • プライバシーポリシーにのっとって情報を管理・運用
  • すべてのデータを暗号化
  • 重要情報はすべて復元不可能な状態で保存

盗難保険は…置き配保険あり!補償外の商品もあるので要チェック!

ということがわかりました。

不安なく置き配バッグOkippaを使うための手助けになれば幸いです。

各章でOkippaの安全性やセキュリティ、盗難保険についてわかりやすくまとめたのでぜひ最後までご覧くださいね!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

置き配サービスOkippaの安全性はどうなの?

再配達を解消するアイテムなのはよくわかるんだけど、実際のところ安全性はどうなのか気なりますよね。

SNSでOkippaの盗難について調べてみると…今のところ大きな盗難被害はないんですね。

そもそもOkippaで対応推奨している荷物は日用品です。高額な商品をOkippaで受け取ることはないと思いますが、トイレットペーパー騒ぎのような状況がまた起きないとも限りません。

Okippa公式サイトからOkippaを使う上で注意することを調べた結果①

引用:https://www.post.japanpost.jp/service/okihai/okippa.html

万が一のことを考えて、価格の安いものやすぐに買えるようなもののみOkippaを利用している人もいますね。

盗難の不安はあっても盗難されたことはないという声も。

まずOkippa内の荷物を盗難されてしまった事例が見つけられないので、安全性がどうなのかというと

…治安が良くてわからない…

というのが本当のところです。

それでも備えておくに越したことはないので、次章でOkippaのセキュリティや盗難保険についてまとめました!

Okippaのセキュリティや盗難保険も調査してみた!

Okippaのセキュリティや盗難保険について公式サイトから情報をまとめてみました。

Okippaのセキュリティ対策は…3つ!

Okippa公式サイトによれば、顧客のデータ保管について3つの対策を取っていると明記されています。

ざっくりまとめると

  • プライバシーポリシーにのっとって情報を管理・運用
  • すべてのデータを暗号化
  • 重要情報はすべて復元不可能な状態で保存

国が定めたプライバシーポリシーにのっとって、個人情報を管理してくれます。

Okippa公式サイトでセキュリティ対策を調べた結果①

引用:https://www.okippa.life/security/

ちなみにOkippa内で預かるデータはSSL証明書を利用して暗号化し、データ認証も暗号化。アクセスにも制限をかけるという徹底ぶり。

Okippa公式サイトでセキュリティ対策を調べた結果②

引用:https://www.okippa.life/security/

もちろんOkippaアプリからの不正ログインにも対処できるように、重要情報は復元不可能な状態にして保存してくれています。

つまり、機密情報は見えるような状態での保存はしていないってことです。

Okippa公式サイトでセキュリティ対策を調べた結果③

引用:https://www.okippa.life/security/

配送というサービスである以上、名前や住所、電話番号はさらされているわけなので万全な対応をとってくれるってことなんですね。

盗難保険は…置き配保険あり!

治安のよい日本とはいえ、やはり盗難の心配はついてきます。もしも盗難にあってしまっても保証してくれるシステムが『置き配保険』です。

補償内容は?

公式サイトによるとOkippaアプリからプレミアムプランに入会するだけで、最大30,000円の保証を受けることができるんですって。

ざっくり補償内容を表にまとめました。

置き配保険
料金100円/30日 ※30日ごと更新
被保険者Okippaアプリプレミアムプラン加入者
補償上限30,000円
補償内容
  • 商品の入ったOkippaが盗難
  • 悪意ある第3者によるOkippaの破損に起因する商品の盗難
適用条件
  • プレミアムプラン加入者がOkippaアプリで荷物の受け取りを指定し、追跡情報がYper株式会社で確認できる場合
  • 被害に遭ってから24時間以内に被害状況をアプリでアップロードすること
  • 警察で出した盗難届の受理番号を提出すること
適用限度
  • 1回の保険請求につき上限30,000円まで
  • 1年間の契約期間中2回まで保険請求可
補償方法現金もしくはAmazonギフト

ここで注意しておきたいことは、

  • そもそも置き配保険が使えるのはOkippaプレミアムプラン加入者のみ!
  • 商品が盗難されない限り補償はされない
  • Okippaの取説に書いてあることに違反するような商品を、Okippa預入れで頼んでいた場合は保証の範囲外になる
  • 商品が入っていない状態でのOkippa自体の盗難は対象外

ちなみに対象外の商品を一覧にすると

補償対象外の商品一覧
生もの
冷凍品
現金・プリペイドカードなど換金性の高いもの
代引き・着払いの荷物
他に代替できるもののない『1点もの』の商品
その他Okippa内で発生したと断定できない不具合、損傷

Okippaで受け取る荷物は取説をよくチェックしておいた方が良さそうですね。

さらに盗難にあってしまったら、スピード勝負で

  • 24時間以内にアプリから盗難状況を連絡しなきゃいけない
  • 警察署で出した盗難届の受理番号も出さなきゃいけない

という手順も追加になります。

これをやっておかないと、せっかく有料でOkippaを使っている意味がありません。

次章で盗難に遭った時の手順をまとめました。

盗難に遭ってしまった時の手順は?

24時間以内にアプリで状況を報告したり、警察署へ盗難届を出す必要があります。

かなりショックが大きいと思いますが、慌てずに!

①被害状況を報告

被害状況の写真を撮っておいてからOkippaアプリを起動し、『盗難を報告する』をタップします。

Okippa公式サイトから盗難時の手順を調べた結果①

引用:https://www.okippa.life/insurance/

②盗まれたものと同じ物を購入する

盗まれてしまった商品を再度購入しておきます。あとから現金やAmazonギフトで費用は返されるので安心してくださいね。

Okippa公式サイトから盗難時の手順を調べた結果②

引用:https://www.okippa.life/insurance/

③警察署に盗難届を出す

24時間以内に盗難届が受理されればよいですが、そうもいかないので1週間以内に盗難届をもらえばOKです。

Okippa公式サイトから盗難時の手順を調べた結果③

引用:https://www.okippa.life/insurance/

④盗難届を撮影しメールに添付

盗難届を撮影しメールに添付してカスタマーサポートに送付します。

Okippa公式サイトから盗難時の手順を調べた結果④

引用:https://www.okippa.life/insurance/

⑤現金かAmazonギフトで返金

承認されれば現金化Amazonギフトで返金されます。

Okippa公式サイトから盗難時の手順を調べた結果⑤

引用:https://www.okippa.life/insurance/

まとめ

通販でお買い物をして配達員さんが来た時に、不在表を入れていくことになるっていうのはよくあること。

再配達を依頼しなきゃいけなくなることもしょっちゅうです。

そんな再配達を解消するアイテムとして開発されたOkippa。使い方としては玄関のドアノブにつるしておくものなんですが…

安全性やセキュリティの面でどうなのか気になりますよね?

今日は置き配サービス『Okippa』の

  • 置き配サービスOkippaの安全性は?
  • セキュリティや盗難保険はどうなってるの?

について公式サイトやSNSから情報をまとめたところ…

安全性については…今のところ大きな盗難被害はないのでよくわからない。

セキュリティ対策は

  • プライバシーポリシーにのっとって情報を管理・運用
  • すべてのデータを暗号化
  • 重要情報はすべて復元不可能な状態で保存

盗難保険は…置き配保険あり!補償外の商品もあるので要チェック!

ということがわかりました。

不安なく置き配バッグOkippaを使うための手助けになれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

コメント