【マスク送り付け商法】頼んでいないマスクが送りつけられたときの対処方法は?

音楽
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!柴桜くろです。

アベノマスクの配布が始まってから、ニュースでも話題になっている【マスクの送り付け商法】が目立ってきましたね。

身に覚えのないマスクが送られてきたときって、動揺してるからついうっかり請求された金額を払ってしまいそうです。

本当にそれでいいんでしょうか?

いいや、良くないです。

今日は

頼んでいないマスクが届いたときの対処方法って、具体的にどんなことをすればいいの?

という疑問についてSNSなどから情報をまとめわかりやすくまとめてみました。

結論、

  • マスク送り付け商法で実際、身に覚えのないマスクを送られた人はいる!
  • 届くマスクは中国製のものが多い。

頼んでいないマスクが届いたときの対処方法をざっくりまとめると

  1. まずは落ち着こう!
  2. マスクが届く前に業者からの連絡があったか振り返ってみよう!
  3. 業者から電話があった場合、売買契約を結んでいたらクーリング・オフができるよ!
  4. 業者から電話がない場合、売買契約を結んでないのでお金は払っちゃいけません。14日間は寝かせておいてね。

大まかにこの4つです。

各章で【マスク送り付け商法】の対処方法について詳しく解説していきますので、ぜひ最後までご覧くださいね!

【マスク送り付け商法】の餌食にならないようにこの記事を参考にしていただけたら幸いです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【マスク送り付け商法】実際に見に覚えのないマスクを送られた人はいるの?

SNSで【マスク送り付け商法】の被害に遭った人が実際にいるのかどうか、ニュースサイトなどでざっと調べてみたところ…

  • 4月8日 北海道
  • 4月14日 熊本県
  • 4月17日、22日 北海道
  • 4月20日 兵庫県
  • 4月24日 兵庫県…

拾えたのはこの程度でしたが、多分いろいろな場所で【マスク送り付け詐欺】が起きているんですよね。

送り主の名前は未記入な場合も。怪しさ炸裂です。

こちらも送り主を調べても出てこない。けれどマスクは届けられちゃうなんて…恐ろしい。

ここまで届いたマスクの画像を見ると、どうも中国からの商品ですね。

宅配便できちゃうと、誰か頼んだのかな?と思ってつい受け取っちゃいます。もしも誰も頼んでなかったら…。

そこで困るのが、受け取ったマスクの処遇です。

どう対処するのが一番いいのか次章でまとめました。

【マスク送り付け商法】頼んでいないマスクが送りつけられたときの対処方法は?

マスクに限らず頼んでいないものが届くと、誰か知っている人が送ってくれたのかな?なんて思っちゃいますよね。

通販の履歴を調べても、家族や友達に聞いても心当たりがない場合は『送り付け詐欺』の可能性が高いです。

消費者庁公式サイトから、頼んでいないマスクが届いたときの対処方法を調べてざっくりまとめると

  1. まずは落ち着こう!
  2. マスクが届く前に業者からの連絡があったか振り返ってみよう!
  3. 業者から電話があった場合、売買契約を結んでいたらクーリング・オフができるよ!
  4. 業者から電話がない場合、売買契約を結んでないのでお金は払っちゃいけません。14日間は寝かせておいてね。

大まかに分けるとこの4つ。

確かに受け取っちゃって荷送人の欄が空欄で、心当たりがなければ動揺しちゃいますよね。

そんな時こそ深呼吸です。そして通販履歴や友達、両親など荷物を送ってきそうな人たちに確認をとることをおすすめします。

消費者庁からマスク送り付け詐欺の対処方法を調べた結果

引用:https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/pdf/200415_1100_representation_cms214_01.pdf

業者からの電話のあるなしで、対処方法が2択になります。詳しく解説していきますね。

消費者庁公式サイトはこちら!

もしも【マスク送り付け詐欺】にあってしまったら、

全国共通の電話番号188(いやや)消費者ホットラインへ!

マスクが届く前に業者から電話があった場合

電話連絡が業者からあったとき、会話した内容によって対処方法が変わります。

消費者庁の公式サイトで調べた内容をざっくりまとめるとこんな感じ。

業者からの電話の内容対処方法
売買契約の勧誘勧誘だけなら、申し込みをしていない

マスクが送り付けられてもお金を払わずに14日間待つ。

売買契約の申し込み【契約書が届いている場合】

契約書を受け取ってから8日間はクーリングオフ可!

【契約書が届いていない場合】

いつでもクーリングオフ可!

売買契約をしているかどうかによって、対処方法が変わってくるんですね。

しかし、

売買契約を結んでいないのに頼んでいないマスクが届いたとき

この条件を満たしたとき、14日間待つのはなぜなんでしょう?

消費者庁の公式サイトをくまなく調べてみると、頼んでいないものが届いてから14日間待つのは…

『特定商取引法』という消費者の利益を守る方法に定められているから。

消費者庁の公式サイトから特定商取引法について調べた結果

引用:https://www.no-trouble.caa.go.jp/pdf/20160322ra12.pdf

うーむ、全く頭に入ってきません。

ザックリ解説すると、業者が売買契約なしに勝手に送り付けた荷物は14日以内に

  • 送られた人が承諾しない
  • 業者が商品の引き取りをしない

かぎりその商品を返す必要はなし!

ということは、身に覚えのないマスクはお金を払わずに14日間お預かり状態で待ち、その後は送りつけられた人の判断で決めていいんですね。

マスクが届く前に業者から電話がなかった場合

こちらはまさに【送り付け詐欺】そのものですね。

この場合をざっくりまとめると

  • 送り付けてきた事業者に連絡しない!
  • 送り付けられたマスクは14日間お預かりする。
  • その間に事業者からコンタクトがなかった場合、好きに処分してOK

不安になって連絡したくなっちゃうと思いますが、それは相手の思うつぼ。

14日間は熟成させると思って寝かしておきましょう。

注意事項として14日経ってから業者から商品を返却するよう言われても、従う必要はありません。

なぜって…?

特定商取引法に定められているから!

14日間待った後も安心して、届いたマスクの処遇を決めましょうね。

まとめ

マスク不足で、手持ちのマスクもそろそろなくなってきている人もいるんじゃないかと思います。

そんな時を狙って起きている【マスク送り付け詐欺】、知ってますか?

頼んでもいないのに身に覚えのないマスクを送りつけて、高額な値段を吹っかけてくるあれです。

身に覚えのないマスクが送られてきたときって、動揺してるからついうっかり請求された金額を払ってしまいそう

本当にそれでいいんでしょうか?

いいや、良くないです。

今日は

頼んでいないマスクが届いたときの対処方法って、具体的にどんなことをすればいいの?

という疑問についてSNSなどから情報をまとめわかりやすくまとめてみました。

結論、

  • マスク送り付け商法で実際、身に覚えのないマスクを送られた人はいる!
  • 届くマスクは中国製のものが多い。

頼んでいないマスクが届いたときの対処方法をざっくりまとめると

  1. まずは落ち着こう!
  2. マスクが届く前に業者からの連絡があったか振り返ってみよう!
  3. 業者から電話があった場合、売買契約を結んでいたらクーリング・オフができるよ!
  4. 業者から電話がない場合、売買契約を結んでないのでお金は払っちゃいけません。14日間は寝かせておいてね。

大まかにこの4つです。

身に覚えのないマスクがとどいても、あわてて業者に連絡を取ったり、お金を払ってしまうことのないよう注意しておきたいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント