LINEの代わりに使える!似てる他のアプリを厳選してみた

雑記帳
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!柴桜くろです。

LINEアプリがアップデートするって話を聞きました。

ニュースを観たらスマホによってはLINEアプリを使えなくなってしまうこともあるんですって…?

ヘビーに使ってる人からしたらかなり困った問題ですが、LINEのアップデートごとにスマホを買い替えるわけにもいきませんしね。

この機会にLINE以外のメッセージアプリを検討する人もいるんじゃないでしょうか。

そういうわけで今日は、LINEの代わりに使えてなおかつ機能が似てる他のアプリを厳選してみました。

各公式サイトなどから情報をまとめると…

  • ブラウザでもアプリでも使えるSkype
  • 趣味の合う人を探せるチャットアプリORCA(オルカ)
  • チャット相手とスケジュール共有ができるカカオトーク
  • 便利期の盛りだくさん!送受信するだけでポイントもらえるRakuten Viber
  • セキュリティはピカ一!WhatsApp
  • Facebookやってる人なら!Facebook Messenger
  • ドコモ・au・ソフトバンクユーザーなら無料で使える+メッセージ
  • Googleアプリと連携できるハングアウト
  • シェイク機能や紅包機能があるWechat

この9種類のアプリがあることがわかりました。

この中からメッセージアプリの選び方を基準にして選ぶと、

  • 便利機能が充実しているRakuten Viber
  • シンプルなメッセージ機能だけど、アプリ連携もばっちり!なハングアウト

がおすすめです。

もしもLINEからメッセージアプリを変えようか悩んでいるなら、ぜひこの記事をご一読ください。きっとあなたの役に立てると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINE代わりに使える!似てる他のメッセージアプリは9つ!

LINEのようなタイムライン機能やスタンプ機能、無料通話もできるアプリはいったいどれなんだろう?

数あるアプリの中からLINEと機能の似ているものを厳選してググってみると

  • Skype
  • ORCA(オルカ)
  • カカオトーク
  • Rakuten Viber
  • WhatsApp
  • Facebook Messenger
  • +メッセージ
  • ハングアウト
  • Wechat

この9つがヒットしました。結構たくさんありますよね。

これだとちょっと説明不足なのでそれぞれの機能などを比較してみるとこんな感じ。

アプリ通話機能・ビデオ通話メッセージ特徴
Skype
  • ブラウザでもアプリでも使えるメッセージツール
  • 隠し絵文字あり
  • ビデオ通話は最大50人まで可能
ORCA(オルカ)
  • 18歳以下は使用禁止
  • LINEID、KAKAOIDの交換禁止
カカオトーク
  • 通話機能は5人同時通話可能
  • タイムライン機能なし
  • チャット相手とスケジュールの共有ができる
Rakuten Viber
  • アップルウォッチと連携できる
  • 楽天スーパーポイントが貯まる
  • Viber 同士で送金が可能
  • 『Winkを送る』でSnapchat のような消える画像や動画を送信できる
  • Viber Out機能で固定電話や携帯電話へ月額8.99ドルで電話をかけられる
WhatsApp
  • 相手がオンラインかどうかがわかる
  • 自動バックアップ機能あり
  • タイムラインなし
  • スタンプなし
  • アプリ内で扱うメッセージテキスト画像動画などはすべて暗号化
Facebook Messenger
  • Facebookユーザーのみ使用可能
  • 動画は1つ25MBまで
  • 60分間リアルタイムで位置情報の共有ができる
  • 最大50人と無料通話可能、最大6人とビデオ通話可能
+メッセージ
  • 登録不要
  • SMS寄りなので匿名性はない
  • docomo au SoftBank ユーザーのみ利用できる
ハングアウト
  • ハングアウトダイヤルを利用しハングアウト同士で通話すると相手が世界のどこにいても無料でかけられる
  • Googleの他のアプリとも連携している
  • chromeアプリもある
  • アプリだけでなくPCからでも使える
Wechat
  • ビデオ通話は最大9人
  • チャットグループは最大500人まで
  • シェイク機能、紅包(お年玉)機能あり

どれもビデオ通話やメッセージ機能はありますが、アプリごとに特色が違いますね。

LINE以外で使えるメッセージアプリの選び方

無料で利用できるLINEの代わりになるアプリの選び方を解説していきます。

まず結論から言っちゃうと

  • 無料で使えてデータ通信回線を利用するアプリを選ぼう!
  • LINEと似た機能(メッセージ機能・ビデオ通話機能・通話機能)が一通りそろっているアプリを選ぼう!
  • 既読機能を切り替えられるアプリを選ぼう!

この3点に集約できますよね。

なぜって?まずLINE自体が無料だし、メッセージ機能からビデオ通話までまるっと網羅されたアプリだからです。

既読機能のないアプリもありますが、LINEは既読機能もついているし相手がメッセージを読んだことがすぐわかりますよね。

無料で使えてデータ通信回線を利用するアプリを選ぼう!

ぶっちゃけ基本的にメッセージアプリは無料でダウンロードできるものが多いです。

ちなみにメッセージアプリで使用する回線は

  • データ通信回線 
  • 音声通信回線

の2つあります。

データ通信回線はギガバイトを消費することでデータ通信ができる通信方式。SNSとも呼ばれてます。

音声通信回線は、SMSなどのショートメール機能を電話番号で送受信する方法ですね。

SMSはちょっとしたやり取りには便利ですが、メッセージが多くなると電話代が増えていくので注意が必要です。

ということはSMSよりもSNSならほぼ無料で利用することができるということ。

SNSでなおかつ無料アプリなら費用をかけずに友達とのやり取りを心置きなく楽しめます。

LINEと似た機能(メッセージ機能・ビデオ通話機能・通話機能など)が一通りそろっているアプリを選ぼう!

LINEの機能として

  • メッセージ機能
  • タイムライン
  • ビデオ通話・通話
  • ニュース
  • バーコード決済
  • クーポン…

などたくさんの機能がついていますよね。

メッセージのやり取りだけを目的とするならシンプルなものでも十分ですが、アプリによっては便利機能はなくメッセージのみというものもあります。

便利機能がついているアプリならLINEの代わりに使うことも違和感なくできますし、暇つぶしにも困りませんよね。

LINEの代わりにアプリを選ぶなら、便利機能のついているアプリがイチオシです。

既読機能の切り替えができるアプリを選ぼう!

相手に重要なメッセージを送る場合、既読がついていると確実にメッセージが相手に届いたという証拠になります。

既読機能のない場合、本当に読まれているかはわからないので相手に確認を入れることになる可能性もありますよね。

それではメッセージアプリの役目を果たせず二度手間に…。

これは本末転倒ですよね。

既読機能のあるものなら、そんな二度手間を減らすことも可能です。

ただし、何らかの事情で既読機能をオフにしたい場合もあると思います。そんな時は既読機能を切り替えられるアプリを選びましょう。

LINE代わりに使えるメッセージアプリはコレ!

ここまでLINEの代わりに使えるアプリや選び方のポイントなどをまとめてきました。

もう一度おさらいすると

  • 無料で使えてデータ通信回線を利用するアプリを選ぼう!
  • LINEと似た機能(メッセージ機能・ビデオ通話機能・通話機能)が一通りそろっているアプリを選ぼう!
  • 既読機能を切り替えられるアプリを選ぼう!

このあたりを照らし合わせて、一覧表からLINEの代わりに使えるアプリを厳選すると…

  • 便利機能が充実しているRakuten Viber
  • シンプルなメッセージ機能だけど、アプリ連携もばっちり!なハングアウト

この2つのアプリがおすすめです。

便利機能が充実しているRakuten Viber

日本ではあまり聞かないViberですが、ユーザー数は全世界で約11億人もいます。

Rakuten Viberについて公式サイトで調べた結果

引用:https://viber.co.jp/

特徴をざっとまとめてみると…

利用料金無料
提供元楽天
特徴
  • アップルウォッチと連携できる
  • 楽天スーパーポイントが貯まる
  • Viber 同士で送金が可能
  • 広告がない
  • ios、Android対応
  • 複数端末で一つのアカウントを使用可能
通話Viber Out という機能で固定電話や携帯電話へ月額8.99ドルで電話をかけられる
Viber同士なら無料通話可能
メッセージ機能ステッカー、手書きの文字や絵を落書きすることができる
Winkを送るでSnapchat のような消える画像や動画を送信できる
既読機能のオンオフができる

便利機能の多いRakuten Viber。このアプリを厳選した理由は…

  • 既読機能のオンオフはもちろん
  • 一つのアカウントを複数のデバイスで使用できる
  • アップルウォッチとも連携ができるメッセージアプリ
  • Viberで送受信するだけで楽天スーパーポイントがつく
  • しかも広告がない

LINEは一つのアカウントに一つのデバイスなので、スマホのりかえなどの時はデータのバックアップがいりますし。Rakuten Viberはそういう手間はいらないんです。

そしてわたしの中で最大のメリット、Viberをで送受信するだけで楽天スーパーポイントがもらえるというところ。

節約したい主婦の身としてはポイントもらえて、さらに楽天でのお買い物に使えるだなんて嬉しすぎます。

メリットいっぱいですよね。そういうわけでRakuten Viberをチョイスしました。

シンプルなメッセージ機能だけど、アプリ連携もばっちり!なハングアウト

ちなみにシンプルなメッセージ機能だけでいいなら…Googleのハングアウトがいいかもしれません。

ハングアウトについてGooglePlayで調べた結果

引用:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.talk&hl=ja

なぜって?

  • ユーザーがめっちゃ多い
  • ネット環境さえあればハングアウトが使える
  • Googleの他のアプリと連携してるので利便性が良い
  • ビデオ会議もできる

ユーザーの多いGoogleさんの公式アプリですし、Googleを使わない人はいないんじゃないでしょうか。

Googleのサービスなので、デバイスの縛りはありませんし、キャリアの縛りだってありません。

Gmailとの連携もできるし、画像挿入もドライブにあるものを使うことができます。

使い勝手はいいですよね。

ただし…注意点として、現在ハングアウトは『Google Chat』と『Google Meet』の2つのサービスに移行中です。

いずれ旧ハングアウトは閉鎖になると思われますが『Google Chat』をうまく使えば、メッセージのやり取りは困りませんよね。

ios版ハングアウトはこちら

Android版ハングアウトはこちら

 

まとめ

今日はLINEの代わりに使える、機能が似てる他のアプリについてリサーチしてみました。

LINEの代わりに使えそうなアプリは

  • Skype
  • ORCA(オルカ)
  • カカオトーク
  • Rakuten Viber
  • WhatsApp
  • Facebook Messenger
  • +メッセージ
  • ハングアウト
  • Wechat

このうちLINEの代わりにヘビーユースできそうなアプリを厳選すると…イチオシは

  • 便利機能が充実しているRakuten Viber
  • シンプルなメッセージ機能だけど、アプリ連携もばっちり!なハングアウト

他にもたくさんのアプリがありますが、LINEの代わりにヘビーユースするなら便利機能は外せません。

メッセージ機能だけでいいやという人はどのアプリでもOKですが、デバイスやキャリアの縛りがないハングアウトなどがいいかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント