【2019年九州大雨】JR九州日豊本線の復旧はいつ?運休情報と被害状況まとめ

雑記帳
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。柴桜くろです。

南九州に梅雨前線が停滞しているせいでとんでもない大雨が降り続いていますよね。各地で被害が出てきていて、土砂崩れが起きている場所も増えてきています。
電車やバスにも大雨の影響が出て、JR九州も例外ではありません。今のところJR九州で運休になっているのが鹿児島本線・日豊線・吉都線・肥薩線・日南線・指宿枕崎線。被害の出ているところもあり、いつ復旧出来るのか気になるところです。日豊本線も土砂崩れで運休してしまっていますよね。

今日は

  • JR九州線吉都線の被害状況はどれくらい?
  • 運休情報はどうなってるの?
  • 復旧できる見通しは?

について最新情報を調べてまとめてみました。最後までお付き合いいただけると幸いです。

日豊本線と同様に吉都線も土砂崩れで運休しています。吉都線の運休情報や復旧のメドについてまとめました。こちらの記事もどうぞ!

【2019年九州大雨】JR九州吉都線の復旧はいつ?運休情報と被害状況まとめ
こんにちは。柴桜くろです。南九州に梅雨前線が停滞しているせいでとんでもない大雨が降り続いていますよね。各地で被害が出てきていて、土砂崩れが起きている場所も増えてきています。電車やバスにも大雨の影響が出て、JR九州も例外ではありません。...

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年九州大雨でのJR九州日豊本線の被害状況は?

日豊本線は小倉駅から、大分駅、延岡駅、都城駅を経由して鹿児島駅を結ぶJR九州の鉄道路線です。路線の総距離は426.6㎞。九州を縦断するかなり長い区間を運航しているんですね。

気になる被害状況は…JR九州の公式サイトに掲載されている情報を見ると重富~竜ヶ水駅区間で土砂流入の情報のみですが、MCT南九州ケーブルテレビより、それに加え国分~霧島神宮駅間で倒木が発生して運休しています。

竜ヶ水駅は山と海に囲まれ、平地の少ない立地の駅です。1993年の8・6水害で物凄いダメージを受けた場所で、周辺の集落は土石流に飲まれたり、駅構内にも土砂流入で不通になってしまいましたがわずか1ヵ月ほどで再開しています。

JR九州日豊本線の運休情報と通行止め区間

7月4日現在、JR九州公式サイトによると日豊本線は南宮崎~鹿児島駅区間で運転を見合わせています。

特急きりしまは全区間運休。、都城駅~鹿児島中央駅も終日運転見合わせになっています。

7月5日の運転計画によると南宮崎駅~帖佐駅は本数を減らして運航する予定です。重富~竜ヶ水駅の土砂流入のため、帖佐~鹿児島中央駅間は運転見合わせです。バスの代替輸送もありません。

九州大雨で被害にあった日豊本線の区間の復旧の見通しは?

1993年の8・6水害を例にとると、竜ヶ水駅自体は1か月程度で駅構内、線路の復旧ができています。今回は重富駅~竜ヶ水駅の土砂流入、国分駅~霧島神宮駅間の倒木のWパンチ。雨が上がってきたとはいえ、地盤もかなり緩んでいることを考えると、後から地滑りが起きてしまう可能性も否めません。

現在のところ復旧作業をしているものの、なかなか進んでいないのが実情です。しかし、かなりの長距離を運航する日豊本線、通勤通学で使う人も多いので、遅くても1~2か月で復旧を予定しているのではないかと推測します。駅員さんの疲労も計り知れないものがありますね。

まとめ

今回九州大雨の影響で被害を受けているJR九州日豊本線の被害状況や運休情報などをまとめてみました。

  • 7月4日現在運休は南宮崎~鹿児島駅区間、都城駅~鹿児島中央駅
  • 被害状況は重富駅~竜ヶ水駅の土砂流入、国分駅~霧島神宮駅間の倒木のWパンチ
  • 復旧のめどについての情報はありませんが、たくさんの人が利用することを考えると1~2カ月で復旧するのでは?

毎年梅雨前線の影響で水害が起こりやすいですが、無事に復旧できることを祈っています。南九州にお住いの皆さん無事でいてください!

日豊本線と同様に吉都線も土砂崩れで運休しています。吉都線の運休情報や復旧のメドについてまとめました。こちらの記事もどうぞ!

【2019年九州大雨】JR九州吉都線の復旧はいつ?運休情報と被害状況まとめ
こんにちは。柴桜くろです。南九州に梅雨前線が停滞しているせいでとんでもない大雨が降り続いていますよね。各地で被害が出てきていて、土砂崩れが起きている場所も増えてきています。電車やバスにも大雨の影響が出て、JR九州も例外ではありません。...

コメント