【2019世界陸上】短距離走・障害物の内定者一覧!日本代表の注目選手をピックアップ

イベント・行事
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!柴桜くろです。

2019年9月27日から10月6日までカタールの首都、ドーハで世界陸上が開催されますね!2年に一回のこの大会、10日間にわたって陸上競技の各種目を競っていきます。オリンピックよりも参加国は多く、歴史は浅いですが陸上競技の世界最高峰の大会として知られています。

ちなみに世界陸上に出場するチャンスは日本選手権優勝とIAAFワールドランキング上位。日本選手権終了後の選考基準はいくつか定められています。今回、7月1日にファースト内定者が発表されていますね。

そんな世界最高峰の世界陸上で特に注目したい競技種目は、短距離走!

なぜって?…サニブラウン選手がいるから!

今日は気になる

  • 世界陸上短距離走の内定者はどんな人たちなの?
  • 注目の日本代表選手は?

というところに注目して調べてまとめてみました!選手の情報を知っていれば、世界陸上を2倍以上楽しめますもんね!

最後までお付き合いいただけると幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年開催の世界陸上短距離走・障害物の内定者はどんな人たち?

日本陸上競技連盟の公式サイトから短距離走の内定選手は男女合わせて4名発表されています。それぞれプロフィールを見ていきましょう!

100m・200m走

7月1日発表の選手はサニブラウン選手のみです。

サニブラウン・アブデル・ハキーム

  • 生年月日  1999年3月20日 20歳
  • 身長    188㎝
  • 体重    83㎏
  • 出身大学  フロリダ大学
  • 自己ベスト 100m:9.97 200m:20.08

短距離走を専門にしているハキーム選手。ガーナ人の父と日本人の母との間に生まれました。日本国籍を持つれっきとした日本人です。お母さんは100mとハードルでインハイに出場した経歴を持つアスリート。弾丸のごとき速さですよね。2019年の日本陸上競技選手権大会男子で100m・200m優勝!世界陸上ではどちらの競技にも出場が内定しています。

障害物競走

障害物は日本陸上競技連盟の公式サイトで男女合わせて4名発表がありました。

高山 峻野  (たかやま しゅんや)

  • 生年月日  1994年9月3日 24歳
  • 身長    182㎝
  • 体重    73㎏
  • 所属    ゼンリン
  • 自己ベスト 110H:13.38

110Hの日本記録保持者です。

安部 孝駿  (あべ たかとし)

  • 生年月日  1991年11月12日 27歳
  • 身長    192㎝
  • 体重    86㎏
  • 所属    ヤマダ電機
  • 自己ベスト 100m:10.90 110H:14.18 400H:48.68

400mハードルの自己ベストは日本歴代10位!なんとなくトキオの長瀬さんに似てますね。

木村 文子  (きむら あやこ)

  • 生年月日  1988年6月11日 31歳
  • 身長    168㎝
  • 体重    53㎏
  • 所属    エディオン
  • 自己ベスト 100m:11.95 100mH:13.03

2017年世界陸上ロンドンに選出され、日本人初の準決勝進出をした経歴があります。

注目の日本代表選手はサニブラウン選手!

どの選手もものすごい経歴や実力を持っていますが、一番目を引くのはこの選手。

サニブラウン選手ですよね。

 


何度見ても圧巻の走り!
高校2年生の時に200予選で日本最高記録の20.56をマーク!桐生選手ですら高校2年生時で20.70でした。高校3年生まで含めても桐生選手の持つ20.41秒に続くすごい記録の持ち主なんですよ。

そして優勝後のこのポーズ。


このポーズ、ゲイターポーズっていうんですね。さすがワールドワイド、わにの多いフロリダならではって感じですよね。 世界陸上でもこのポーズを見せてもらいたい!!

まとめ

今日は2019世界陸上の

  •  世界陸上短距離走の内定者はどんな人たちなの?
  • 注目の日本代表選手は?

について調べてみました。日本陸上競技連盟の公式サイトより7月1日に発表された情報をまとめると

  • 選手は女子含む4名
  • もちろんサニブラウン選手も代表入り!
  • 注目したい選手はサニブラウン選手

9月の世界陸上が楽しみになってきましたね!

コメント